So-net無料ブログ作成

国会18日召集で合意、自民は16人の参考人要求(産経新聞)

 与野党国対委員長会談が7日、国会内で開かれ、通常国会を18日に召集し、同日に平成21年度第2次補正予算案に対する菅直人副総理・財務相の財政演説を行うことで合意した。一方、自民党は鳩山由紀夫首相の偽装献金問題や小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」が購入した土地をめぐる疑惑を通常国会で徹底追及する構えで、首相の実母、安子さんや小沢氏本人ら計16人の参考人招致を求める方針を決めた。

 自民党の川崎二郎国対委員長は7日の記者会見で、国内経済と外交、「政治とカネ」を「今国会の重点として議論を進めていきたい」と述べ、政府・民主党との対決姿勢を鮮明にした。「政治とカネ」をめぐっては、首相の偽装献金問題で7人、陸山会の土地購入疑惑で6人、秘書給与をめぐる疑惑で民主党の3衆院議員の参考人招致を要求する方針を明らかにした。

 また、自民党の谷垣禎一総裁は同日の記者会見で、「(首相や小沢氏らの)説明が得心のいくものと思っている人はゼロに等しい。国民のために解明する気迫を失ったら野党の存在意義はない、というつもりでやりたい」と、徹底追及していく決意を表明した。

 これに対して、首相は7日夕、首相官邸で記者団に対し、実母らの参考人招致について「検察の捜査が終了し、処分が下されている。必要はない」と、自民党側の要求を突っぱねた。民主党の山岡賢次国対委員長も国会内で記者団に対し「国会をワイドショー化したくない」と自民党を牽制(けんせい)した。

 一方、政府は8日の閣議で、通常国会の18日召集を決定する。通常国会の会期は6月16日までの150日間。会期延長がなければ、夏の参院選は公選法の規定で「6月24日公示、7月11日投開票」が有力となる。

 与野党国対委員長会談で、山岡氏が19日に衆院、20日に参院で代表質問を行う日程を提案したが、公明党が異論を唱えた。

 また与党は、官僚答弁の制限などを盛り込んだ国会法改正案の骨子を野党側に示し、議会制度協議会で協議を進めたいと求めた。

 会談後、平野博文官房長官は衆参両院の議院運営委員会理事会に出席し、22年度予算案を22日に提出する見通しを明らかにした。政府・与党は28日にも2次補正予算案を成立させ、29日に首相の施政方針演説などを行い、22年度予算案の年度内成立を目指す。

【関連記事】
自民・谷垣氏「菅氏の『分からない』は許さない」
「戦え!」中曽根氏ら首相経験者が谷垣氏にカツ
谷垣総裁も山崎氏公認に慎重姿勢 自民、70歳定年ルールが基本
小沢氏めぐる疑惑「国会審議に影響ない」 民主・山岡氏
与野党国対委員長会談、通常国会18日召集で一致

どっちみちどっち
モモキチサンタ
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
2ショットチャット

外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。

 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。

 一方、鄭進団長は「2010年が明るい未来への象徴として永住外国人への地方参政権付与の年となれば、これにまさる喜びはない。通常国会で日本世論の祝福のもとに実現することを願う」と期待感を表明した。

【関連記事】
参政権法案、自民・大島氏は反対姿勢
「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官
外国人参政権法案 山岡氏「通常国会で必ず成立」
亀井氏、外国人参政権「小沢氏はごり押ししないと思う」
外国人参政権法案で小沢氏「通常国会で現実に」 韓国に言質、党内に反発も

漁師を極める!
いつでも、元気な助産師です。
即日現金化
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化

暴風雪で東北地方大荒れ 交通機関乱れる(河北新報)

 日本海と三陸沖を二つの低気圧が発達しながら進んだ影響で、5日の東北地方は日本海側を中心に風雪が強まり、大荒れとなった。夕方から夜にかけ列車の運休が相次ぐなど交通機関が大幅に乱れ、勤め帰りの利用客らに影響が出た。大荒れの天気は6日も続く見込みで、仙台管区気象台は大雪やなだれ、突風などに注意するよう呼び掛けた。

 気象台によると、二つの低気圧は6日朝までに北海道の南東で一つにまとまると予想される。日本付近は冬型の気圧配置が強まり、西寄りの風が吹き荒れている。

 5日の最大瞬間風速は酒田市浜中27.3メートル、秋田24.5メートル、名取24.2メートル、仙台23.5メートルなど。

 JR東日本によると、在来線は東北各地で、運休や速度規制が続出。午後3時前から常磐線原ノ町―仙台間、東北線福島―仙台間で運転を見合わせたのをはじめ、羽越、北上、仙山などの各線で運休が出た。宮城県内の東北線の運休は71本に上った。

 秋田新幹線も強風などの影響で、午後7時10分現在、上り1本が運休し、上下10本で最大1時間40分遅れた。

 空の便も羽田発秋田行き日本航空877便などが欠航。東北電力によると、むつ市大畑町では5日1時半ごろ、970戸が停電、約2時間20分後に復旧した。

 気象台によると、6日夕までの24時間最大降雪量は、日本海側南部の山沿いが60センチ、平地が30センチ、東北北部の山沿いが30センチ、平地が20センチ、太平洋側南部の山沿いは20センチ、平地が5センチの見込み。


歯科医募集中!
最近の農家事情
ショッピング枠現金化
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化 還元率

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。